スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.08.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

白川(白甘鯛)

こんにちは。

田久鮓のたくみです。

今日は、今年から出来た休日。
山の日です。
今日からお盆休みに入られてる方が多いと思います。

田久鮓は、もちろん営業してます。

本日のおすすめは



3キロの白甘鯛があります。市場では白川と呼ばれています。

身には脂がのっていて味が甘くてとっても美味しいです。

甘鯛は三種類あって、白・赤・黄があって白は一番値が高いものとして扱われています。

白川を刺身にして、白醤油で提供してます。

日本酒は夏限定の酉与右衛門(よえもん)。





ワインは、
Arnaud Ente Meursault Clos Des Ambres
アルノ・アントのムルソー クロデザンブル



で合わせてみたいです。

本日もご来店お待ちしております。


田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F 011−211−1206 営業時間 17:30〜25:30(L.O)

夏のフェアーのお知らせ

皆様こんにちは。

ご無沙汰しております。 今年も夏の帰国に伴いまして、田久鮓でのフェアを開催致したいと思っております。

日本の夏の食材での構成となりますのでParisとはまた違った形になるとは思いますが、日本とフランスの良さを感じて頂けたらと嬉しいと思っております。

当日はシャンパン、ブルゴーニュワインと日本酒、日本茶とのペアリングもご用意しております。

お盆明けで何かとお忙しいとは思いますがご都合よろしければ皆様にお会い出来るの事を楽しみにしております。

8月19日20日
18時より

札幌市中央区南3条西3丁目
G DINING SAPPORO 6F 田久鮓
011.211.1206

おまかせ 15,000円(税別)
ペアリング12,000円(税別)

※お時間は変更希望でしたらお申し付け下さい。

田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F 011−211−1206 営業時間 17:30〜25:30(L.O)

ドン・ペリニヨン 1990

こんにちは。

田久鮓のたくみです。

雨が続く日が多いですか、いかがお過ごしですか。


先日、お客様から頂いたシャンパンの感動を載せます。



ドン・ペリニヨン 1990
このシャンパンの名を知らない人はいないのではないシャンパンのひとつです。
また、間違ったイメージや、間違った飲まれ方をしているシャンパンでもあると思われます。

パワフルで複雑、だけど繊細で成熟している。

また、1990年は圧倒的なボリューム感と繊細さが一緒にした、素晴らしい味わいのシャンパンでした。

少しずつ飲んでも満足感を得る余韻。

田久鮓のコースでは、

アワビから雲丹、そして最後のお吸い物までほとんどの料理合うため、一本でいつもとは違う楽しみ方が出来ます。

生涯で飲んでよかった一本でした。

また、ヴィンテージ違いで田久鮓にもあります。

田久鮓
札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F 011−211−1206 営業時間 17:30〜25:30(L.O)

お知らせ

こんにちは。

田久鮓のたくみです。

本日、日曜日定休日ですが。

営業致します。

おつまみから握りまで、たくさんの食材やお酒をご用意しておりますのでよろしくお願いします。


雲丹味噌漬け

こんにちは。

田久鮓のたくみです。

7月も、終わりに近づき札幌も本格的に暑い夏を迎えようとしてます。

やっぱり、今の時期は雲丹が旬です。

田久鮓では、利尻産のムラサキウニを味噌漬けにしてます。



直接、味噌をあてるのでなく晒しで間接的にあてること、雲丹本来の味を保ちさらに味噌の旨味も堪能出来ます。

雲丹味噌漬けはおつまみとしてご用意してます。


また、雲丹味噌漬けに合う日本酒やワインは



菊姫 鶴乃里

山廃仕込された、濃醇な味わいと合います。

PERROT MINOT
MOREY SAINT DENIS 2011

ペロミノ
モレサンドニ 2011

ペロミノの中では、果実味がしっかりしてるモレサンドニは雲丹にも合います。

田久鮓では雲丹とお酒を楽しむこと出来ますので、是非ご来店をお待ちしております。

田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F
011−211−1206
営業時間 17:30〜25:30(L.O)

新子

こんばんは。

御無沙汰しております。

田久鮓のたくみです。久しぶりにブログを更新させていただきます。

6月も終わりに近づき、夏本番を迎えようとしています。

そんな夏の風物詩の一つ



新子が入荷しています。

大変、仕込みするのに手間をかける魚です。

締めものは、仕込みの仕方で味が変わる。
その店の味わかるくらい重要な魚です。

田久鮓で絶妙に仕込んだ新子を召し上がりにいらして下さい。



田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F
011−211−1206
営業時間 17:30〜

田久鮓

新入荷のお酒のご紹介です。

佐賀県「東一 純米酒 うすにごり生」。
地元の山田錦を使用し、穏やかな香りとふくよかな旨みでバランスよく仕上げられた新酒です。
ぬるめの燗のふくよかさは田久鮓の料理を優しく包み新しい楽しみを与えてくれます。

そして、青森県大間の雲丹の時期となりました。
鼻から海の香りが抜ける雲丹、
雲丹の余韻の長さが海や海藻の味が口の中に残ります。

山田錦のお米の旨味との海の旨味とのマリアージュを是非ご堪能下さい。

 

田久鮓 〜お休みのお知らせ〜

皆様、お正月明けはいかがお過ごしでしょうか?

た田久鮓は5日、6日、7日とお休みを頂戴いたします。

8日より通常通り営業致しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

田久鮓 〜明けましておめでとうございます〜

新年明けましておめでとうございます。
本日より新たな年が始まりました。

旧年中も皆様には大変ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

これからも、TAKU全店で少しでもサービスの向上を図るよう、誠心誠意努力する所存でございます。
より一層のご支援を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様が楽しい年始をお過ごしのことをお祈り申し上げます。

元旦


 

田久鮓 〜777〜

杜の蔵(もりのくら) 純米 七七七

みなさま、年の瀬のお忙しい中いかがお過ごしでしょうか。
先日の北海道二世古酒造さんとは反対側、九州福岡のお酒のご紹介。

年の暮れ、「北力」の幸せの青い鳥に続き、「777」「㐂」と縁起の良い名前のお酒です。



70%の精米歩合
7号酵母
7年熟成なので「七七七」。
もちろん名前だけではなく、7割で米の旨味を、7号で落ち着きとバランスのとれた味わいを、7年かけて練られた滋味を楽しめる仕上がりとなっております。

鼻に抜ける熟成香と綺麗な旨味。
熱めに燗をつければ、熟成した米の旨味が口の中に広がりすっとキレよく消えていきます。
さらに燗冷めするとすっきりと味わえますので、長くゆっくりお楽しみください。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM