スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

雲丹味噌漬け

こんにちは。

田久鮓のたくみです。

7月も、終わりに近づき札幌も本格的に暑い夏を迎えようとしてます。

やっぱり、今の時期は雲丹が旬です。

田久鮓では、利尻産のムラサキウニを味噌漬けにしてます。



直接、味噌をあてるのでなく晒しで間接的にあてること、雲丹本来の味を保ちさらに味噌の旨味も堪能出来ます。

雲丹味噌漬けはおつまみとしてご用意してます。


また、雲丹味噌漬けに合う日本酒やワインは



菊姫 鶴乃里

山廃仕込された、濃醇な味わいと合います。

PERROT MINOT
MOREY SAINT DENIS 2011

ペロミノ
モレサンドニ 2011

ペロミノの中では、果実味がしっかりしてるモレサンドニは雲丹にも合います。

田久鮓では雲丹とお酒を楽しむこと出来ますので、是非ご来店をお待ちしております。

田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F
011−211−1206
営業時間 17:30〜25:30(L.O)

新子

こんばんは。

御無沙汰しております。

田久鮓のたくみです。久しぶりにブログを更新させていただきます。

6月も終わりに近づき、夏本番を迎えようとしています。

そんな夏の風物詩の一つ



新子が入荷しています。

大変、仕込みするのに手間をかける魚です。

締めものは、仕込みの仕方で味が変わる。
その店の味わかるくらい重要な魚です。

田久鮓で絶妙に仕込んだ新子を召し上がりにいらして下さい。



田久鮓

札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 6F
011−211−1206
営業時間 17:30〜

田久鮓

新入荷のお酒のご紹介です。

佐賀県「東一 純米酒 うすにごり生」。
地元の山田錦を使用し、穏やかな香りとふくよかな旨みでバランスよく仕上げられた新酒です。
ぬるめの燗のふくよかさは田久鮓の料理を優しく包み新しい楽しみを与えてくれます。

そして、青森県大間の雲丹の時期となりました。
鼻から海の香りが抜ける雲丹、
雲丹の余韻の長さが海や海藻の味が口の中に残ります。

山田錦のお米の旨味との海の旨味とのマリアージュを是非ご堪能下さい。

 

田久鮓 〜お休みのお知らせ〜

皆様、お正月明けはいかがお過ごしでしょうか?

た田久鮓は5日、6日、7日とお休みを頂戴いたします。

8日より通常通り営業致しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

田久鮓 〜明けましておめでとうございます〜

新年明けましておめでとうございます。
本日より新たな年が始まりました。

旧年中も皆様には大変ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

これからも、TAKU全店で少しでもサービスの向上を図るよう、誠心誠意努力する所存でございます。
より一層のご支援を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様が楽しい年始をお過ごしのことをお祈り申し上げます。

元旦


 

田久鮓 〜777〜

杜の蔵(もりのくら) 純米 七七七

みなさま、年の瀬のお忙しい中いかがお過ごしでしょうか。
先日の北海道二世古酒造さんとは反対側、九州福岡のお酒のご紹介。

年の暮れ、「北力」の幸せの青い鳥に続き、「777」「㐂」と縁起の良い名前のお酒です。



70%の精米歩合
7号酵母
7年熟成なので「七七七」。
もちろん名前だけではなく、7割で米の旨味を、7号で落ち着きとバランスのとれた味わいを、7年かけて練られた滋味を楽しめる仕上がりとなっております。

鼻に抜ける熟成香と綺麗な旨味。
熱めに燗をつければ、熟成した米の旨味が口の中に広がりすっとキレよく消えていきます。
さらに燗冷めするとすっきりと味わえますので、長くゆっくりお楽しみください。

田久鮓 ~二世古 北力~

倶知安町「二世古酒造」の新作が入荷しております。

今年の夏にTAKU従業員皆でお世話にもなりました北海道期待の酒蔵。

北海道伊達市の鈴木愛子さんがバイオダイナミック農法で作った酒米と羊蹄山の水を使用し、手間のかかる生酛仕込みで醸された北海道の自然の力が詰まったお酒。力強くもどこか優しい「北力(きたちから)」。
幸せの青い鳥をあしらった胴巻きは石川優太さんデザイン。

北海道の大地のようにまだまだ可能性の眠るお酒ですが、初ビンテージの若々しさをお楽しみいただけます。


田久鮓 〜日本のお酒〜

田久鮓の池田です。

先日は札幌の桑園にある「すし割烹 柿八」さんへお伺いしてきました。

桑園という住宅街にあるお寿司屋さん。

正統派の寿司屋で凛とした佇まいですが、店主の小林さんの柔らかな雰囲気に一安心。

隣り合わせた常連さんにもお声がけいただきお酒までご相伴させていただいちゃいまいした。

そして、そのお酒がその日一番のびっくり。

「きびなご酒」。


 

炙ったきびなごが丸ごと入った、ひれ酒・骨酒の上を行きます。

注ぐと細かい銀鱗がきらきらと目にも嬉しい。

生臭くなく、魚丸ごとなので出汁たっぷり。

お隣さんは4回も注ぎ酒してました。それでも美味しい。

そして、最後きびなごはそのまま肴に。

おつまみに握り、お酒もカウンターも満喫した休日でした。

小林さんありがとうございました!

ひとまず田久鮓ではふぐの鰭酒をご用意してお待ちしております。


田久鮓 ~裕多加さん~

田久鮓の池田です。

先日のお休みに「銘酒の裕多加(ゆたか)」さんにお邪魔してまいりました。
以前、同業者の集まりに参加させていただいたときにスタッフのカリンさんとはご挨拶させていただいておりまして。

北区の酒屋さんで日本酒はもちろん、焼酎、リキュール、ワインと品揃え満点。
自転車移動が主な自分にはちょっとした遠出でしたが、天気に恵まれ良い気分転換にもなりました。

今回の収穫。
以前から探していたお酒を発見しました。



岐阜県「小左衛門」
キリッとした酸が特徴的ですが、優しい香りとやわらかな旨味で全体が調和しながら、さらりとした後口も楽しめます。

食材に美味しさがのってきているこの時期は常温くらいだとスルスルと行けちゃいそう。
たくさんの居るパリの「仁」には、山廃があるそうです。
濃厚なアイスランドの馬糞雲丹とトロを合わせた巻き物に小左衛門が合う様です。
日本もこれからの時期、特に燗をつけたら脂ののった魚でもお互いを引き立てそうですね。
裕多加さんにも入荷しないかな〜

http://www.yutaka1.com
ホームページを拝見したら、今は外観が可愛くなってますね。

田久鮓 〜唐墨 と お休みのお知らせ〜

田久鮓です。

先日桜本商店さんで見つけた「楯野川 源流 冷卸」。
冷で綺麗な舌触りを、燗ではしつこくないふくよかさを楽しめました。
純米大吟醸ながら、冷でも燗でも、どんな料理にもおすすめです。



中でも自家製のからすみと。
千葉県竹岡産の大振りでハリのある綺麗なボラ子。
まったり感をより活かすため塩分は控えめに。召し上がる際には、炭火で軽く炙って風味を立たせます。

楯野川の香りとふくよかさをまとった唐墨は口の中でさらになめらかに楽しめます。




田久鮓、明日18日(日)と19日(月)の2日間おやすみを頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM